訪問介護施設一覧 紹介サイト大阪Top >  大阪府の施設 >  羽曳野特別養護老人ホーム

[スポンサード リンク]

羽曳野特別養護老人ホーム

 施設の名称
 羽曳野特別養護老人ホーム
主業務など
特別養護老人ホーム.在宅介護サービス.老人福祉施設.
所在地
583-0852 大阪府羽曳野市古市2271-114
お電話番号
072-958-9951

【介護施設に関するお役立ち情報】

認知症は、「一旦発達した知能が、さまざまな原因によって脳が破壊してしまい、再び持続的に低下した状態」の事を言い、高齢による物忘れとは、全く違います。

そういった生活を送ることで実際に認知症の症状が軽減された方や穏やかになった方もいるようですよ。

高齢者住宅整備資金貸付制度や年金バリアフリー住宅資金融資制度など国や自治体が市民に対して支援をたくさんしています。

将来、日本は高齢化社会を迎えますが、1994年に「ハートビル法」という法律が試行され、人が集まる建物はバリアフリー化住宅やユニバーサルデザイン化して建てていこうという方針です。

将来どんどんこういった建物が増えていくことだと思います。

医療や福祉のような専門的な勉強や知識を得ることは、医療分野にいる人にとってはとても重要なことだと思いますし、勉強し続けなくてはいけない知識だと思います。

患者さんや利用する方にとって、そういった知識を医療従事者に求めているとも思います。

施設の中にいるときには医療従事者の方たちに色々なものを求めるのかもしれませんが、その利用者の方々もいつかは自分の地元に戻っていき、医療従事者の方と離れると思います。

国の方針が、施設医療よりは在宅医療と掲げているので、患者さんと地域、地元と言うのは切れない関係となっていくと思います。

高齢者の方々にとって、「高齢者にとって生き甲斐のある生活」というのを求めるには、、何かしたいことがあるときなど(スポーツや買い物、家事など)、色んな物が大変になり、生活水準がどうこうよりは、それを介護する人が必要なんじゃないかと思います。

理学療法士として、高齢者の方々の住環境整備にも介入していく必要が今後はあると思います。

バリアフリーにリフォームすればいいじゃない!なんて軽く考えてしまう事もあるかもしれないし、そこに医療従事者が必要なの?って考えてしまう事もあると思いますが、今後は色々考える必要がありそうです。

関連エントリー

訪問介護施設一覧 紹介サイト大阪Top >  大阪府の施設 >  羽曳野特別養護老人ホーム